FXとは何ぞや? FXについて学ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FXとは何ぞや

単純操作で莫大な利益を生むこともあるFXですが、ギャンブルではありません。

外貨(例えば米ドル)を安い時に買って高くなったら売る
するとその差額が利益になる。これがFXで利益を得る最も基本的な方法です。

FXをするうえで重要なことのひとつに利益の上げ方があります。

どなたでも小額から始めることができ、投資に興味がある方は是非この機会に勉強すべきです。

FXとは何ぞや

FXとは何ぞや

FXとは何ぞや

FXとは正式名称は外国為替証拠金取引 といわれるものです。

二か国間の通貨ペアのやりとりを行って利益をだすことから、Foreign Exchangeと呼ばれています。

二か国間の通貨ペアを用いて、利益を生み出していく投資の一種です。

FXの証券取引所のひとつにForexと呼ばれるものがあります。

世界的に有名なソフトウェアを扱うことができます。

設定のしやすさや画面の見やすさが好評です。

FXは専門用語がたくさんありますが、一度覚えて慣れてしまえば、難しいことはありません。

利益の出し方や入金や出金方法を覚えれば、まったくの初心者からでも投資活動をすることができます。

最初は勉強が必要ですが、一生つかえる技術をみにつけることができます。

利益が生まれる仕組み

外貨(例えば米ドル)を安い時に買って、高くなったら売る。
するとその差額が利益になる。これがFXで利益を得る最も基本的な方法です。

FXをするうえで重要なことのひとつに利益の上げ方があります。

利益がうまれる仕組みをしらないと、勝てないからです。

利益の上げ方としては、スワップ金利を活用する方法と為替差益を活用する方法の二種類があります。

ほとんどのトレーダーは為替差益を活用して利益をあげることになります。

円やドルといった通貨ペアを選び、注文をしたときの価格と決済をしたときの価格で利益は生まれます。

金融商品なので、常に価格は動いていきます。

買いで注文をした場合には、注文をいれた価格よりも決済をした価格が高ければ差額が利益となります。

売りで注文をした場合には、注文をいれた価格よりも決済をした価格が安くなれば利益となると覚えておきましょう。

FXはギャンブルではない

FXはギャンブルだと一緒くたにされることもありますが、それは知識が乏しい人が陥っているイメージです。

賭け事と投資は全く別ものだと認識する必要があります。

ギャンブルは確率論で予想するのが難しいです。

しかし、FXとは移動平均線や一目均衡表やトレンドやレンジといった様々な要素から予想をしていくことができます。

また、まったく違う根拠として実際にFXだけで生活をしている人がいる点です。

賭け事であれば、それで生計を立てるのは難しいです。

しかし、勝率を上げる方法や過去の値動きからの予想をすることができるため、投資で生計を立てている人や成功している人がいることは事実です。

生計を立てっている人がいることからも立派な仕事であるといえるでしょう。

小額から始められるのが嬉しい

FXをするときにいい点のひとつがレバレッジです。

レバレッジを賭ければ、預けている証拠金の数倍から数十倍の取引をすることができます。

つまり、少ないお金で大きな取引をできます。

また、インターネットが発達しているのでアプリで取引ができたり、インターネットで口座の開設から取引まで行うことができるため、女性でもすぐに始められます。

ワンコインで始められる証券取引所もたくさんあるので、ポケットマネーの一部を投資にまわしたりお小遣い稼ぎをしているパートや主婦の人も多いです。

成功者の手法を学ぶことによって、一般のひとでも勝率を格段にあげることができます。

相場の分析能力や感情を抑制する能力が必要となるので鍛えておくといいです。

FXの基本に関するまとめ

FXとは何ぞや

FXとは何ぞや

FXをはじめるときには、勉強からスタートするのが基本です。

注文の出し方や損切のやり方や利益の出し方など、覚えるべき点はたくさんあります。

書籍やインターネットで学ぶのもいいですが、すでに成功している人がセミナーを行っていることもあるので有意義なセミナーであれば仕組みを勉強するためにも初心者は参加してみるといいです。

東京では、無料で初心者向けの講演を行っている人もいるので、参加すること自体に価値があります。

また、仲間を増やすうえでもインターネットや書籍だけでなく講演に参加するメリットがあります。

一人では難しいことでも仲間と情報交換や切磋琢磨することによって上達していきます。

部活と一緒で、努力した分だけ力になっていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る